SSブログ

台湾・尖閣諸島は、日本の生命線(ライフライン) [経済・経営ニュース]

 日本へ石油・天然ガスの輸入。アジア・EU諸国への輸出は、台湾・尖閣諸島沿岸を行き来する。ですから台湾・尖閣諸島は、日本の生命線(ライフライン)といえます。
 そのライフラインは、中国によって脅かされつつあります。
アメリカの長期金利が上がっています。バイデン政権がコロナ禍対策で、大型の金融緩和したからです。実は裏がある。

日本は円安・株安。→物価高。投資と消費減少。

世界の投資は、ドル資金で行われるので、アメリカ長期金利上昇でドル高になると、債務は膨張することになる。→世界の投資資金の回収が始まる。

日本で起きることより大きなふり幅で、同様のことが中国や発展途上国で起きる。

さらに人権問題を理由に、アメリカを中心に欧米諸国が、来年の中国冬季オリンピックをボイコットする。

アメリカ民主党は、経済苦境とオリンピックボイコットの合わせ技で、習近平主席のプライドを潰す。

中国共産とは台湾と尖閣に対して、我慢している理由が外れる。

あと一年しか、猶予は残されていない。憲法改正の議論もないままに。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。