SSブログ

端午の節句(子供の日)いすみ市行元寺を参拝しました [千葉県観光]

いすみ市には、この行元寺と飯縄寺(いづなでら)に、伊八の作品あります。コロナ禍に関係なく、普段から訪れる人は少ないです。
しかしこの伊八は、房総・相模・江戸と作品を残し、その「龍や波」の作風は葛飾北斎に影響を与えました。
江戸時代、日本は陶器を輸出していました。陶器を包むのに今では新聞紙を使うがごとく、浮世絵を雑紙として使ったのです。日本人が何の価値もないと思って、包み紙として使う。それが陶器とともに欧州へ伝わりました。
欧州の芸術家は、この陶器を包んだ浮世への素晴らしさに、驚嘆したのでしょう。絵描きや作曲家作品へ投影されることになりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。